井上敦子 | ヴァイオリン奏者・アレクサンダーテクニーク教師

BLOG

日仏会館での演奏でした

更新日:2019.09.08 [Sun] |

ピアニストで先生の友人が開催する発表会で、ゲスト演奏させていただいてきました。

会場は、京都のアンスティチュ・フランセ(日仏会館)稲畑ホール
大学生のころ弦楽四重奏を組んで、京都フランスアカデミーという講習会に参加したときに演奏したことのある場所でした。


c0167359_20544347.jpg



クラシックギター・倉石アオミさんとの共演で、この日のプログラムは

協奏的ソナタ イ長調Op.61 1楽章 (パガニーニ)
無伴奏パルティータ第3番よりプレリュード (J.S.バッハ)
アルハンブラの想い出 (タルレガ)
タイスの瞑想曲 (マスネ)



出番の前には、ピアノの生徒さんたちの演奏を楽しみました。
先生である友人とは、イギリスで勉強していた縁で知り合いました。

発表会の最後、先生から生徒さんたちへのスピーチは

「楽しい」と「楽」とは違うんだよ。「楽」しているだけでは決して見えない景色があるんだよ。

という風なメッセージで、胸が熱くなりました。ああ、本当だな。

fullsizeoutput_ee1.jpeg


あついといえば、この日はもう9月だというのに30度越えの京都。

演奏を終えた安心感とともに火照りを冷ましにカフェへ寄りました
ブルーチーズのケーキの上にはちみつがかかっています。ものすごーく美味しかったです!


fullsizeoutput_ecf.jpeg


帰りの京阪電車は、出町柳~淀屋橋区間を、こんな車両にアップグレード
(運賃にプラスなんと¥500で)

c0167359_20544815.jpg             42W9L3H2QgS2oAUmhtji2Q.jpg


1時間近く乗るのでゆっくり話もでき、
疲れもやわらぎました。


ギターとのアンサンブルは回を重ねるごとに深く自由になっている手応えがあります。

良い機会に恵まれて、感謝しきりの一日でした。
さて、秋からもいろいろがんばりましょう


今週は母校の兵庫県立西宮高校音楽科へ、アレクサンダーテクニークの授業にいきます
今年も楽しみです。

美術館の調べ、終了しました

更新日:2019.02.05 [Tue] |

兵庫県立美術館のコンサートシリーズ「美術館の調べ」無事に終了しました。

コンサートのタイトルを
「ふたつの弦楽器の語らい〜春を待つ、ヴァイオリンとギターのデュオ」

と付けたのですが、当日は立春を前にして心なしか春を期待させるようなお天気でした。

c0167359_20295073.jpg


風邪やインフルエンザが大流行のなか、立ち見が出るほどたくさんのお客さまにご来場いただきました。
このコンサートの常連の方や自分の生徒さんや友人や恩師、数年ぶりにお会いできたお客さまも舞台から見えて感動しました。



ギターの倉石アオミさんとはもう何度目かの競演ですが、今回は個人的にギターと一緒にやってみたい要素を思う存分に入れたプログラムができました。それぞれのソロも演奏できて、1時間ながらとても充実したと思います。
反省も含め、これからの大きな希望につながる本番でした。


IMG_0935.jpg

アンコール:「タイスの瞑想曲」(マスネ)


改めて、お聴きくださったみなさまに感謝申し上げます。



ところで反省といえば、終演後に写真撮影でもすれば良いのに、大抵いつも忘れてしまいます。
今回も気づけば一枚も取っていませんでした...
こちらは聴きに来てくださった方が撮影してくださいました(実は上の美術館の写真もアオミさんの撮影)
ありがとうございました!
51157310_2086423424778768_8792763705294061568_n.jpg



さて、アオミさんと私はアレクサンダーテクニーク教師の同僚でもあります。
次は4月に、楽器を演奏する人のためのアレクサンダーテクニークのワークショップを開催することが決まりました。
詳しくはこちら


そう思えば今年もまだ始まったばかり、ということで、またがんばりましょう!

2018.11.03 [Sat]

ギターの発表会で

更新日:2018.11.03 [Sat] | ,

クラシックギタリスト・倉石アオミさんの門下生発表会で、アオミ先生と一緒に演奏させていただきました。


c0167359_15353169.jpeg


曲は

スペイン奇想曲(ムニエル)

タイスの瞑想曲(マスネ)

ムニエルのオリジナルはマンドリンとギター。タイスはピアノ伴奏版がよく知られていますが、ギター伴奏は響きがものすごく美しいのです。

じつは高校生くらいのころからクラシックギターを聴くのがずっと大好きで、アオミさんと初めて一緒に音を出したときには嬉しくて鳥肌が立ったのをよく覚えています。

c0167359_22241034.jpg


アオミさんはアレクサーテクニーク教師の同僚でもあります。
これまでも何度か共演していますが、一緒に弾いていると、"自分と相手の息を合わせる"とか、"やりたいことを提示し合う"とか、表面的な要素を感じません。かといって好き勝手に弾く、というのとも違うのです。

言葉にするのがちょっと難しいのですが、私はこうしたいと主張する!とか、旋律楽器だし自分の音楽を表現しなきゃな!という表面的な臨戦態勢のようなものが必要ないというか。それでいてそれぞれのアイデアはクリアになっているのがよくわかる、というか。


                                ****************


さてこの日、自分の出番は最後だったのでギターの生徒さんたちの演奏をたっぷり聴かせていただきました。とても楽しかった!
小・中学生の弾き語り、大人のアンサンブル、ソロと盛り沢山なプログラムでした。
先生のことを個人的に知っているというのもあると思いますが、お弟子さんたちとアオミ先生のいい関係、そしてギターを弾くのがほんとうに好きなんだろうなあというのが演奏に表れていて心を打たれました。

fullsizeoutput_c43.jpegのサムネイル画像

リハーサルの一場面です
大人のアンサンブルを食い入るように見つめていたちびっこギタリストは、子どもサイズのギターとピュアな歌声で弾き語りをしていました。聴いていてなんだか涙腺がゆるみました。


私たちの共演については、アオミさんのブログでも書いてくれています。
私としてはこれ以上ない褒め言葉です。


演奏者としても指導者としても気持ちの良い刺激をもらって、自分もまた成長していきたいです。

お疲れさまでした!ありがとうございました!

 

 

Songs without Words 終了しました

更新日:2018.06.02 [Sat] |

Songs without Words ~言葉のない歌~

コンサート、無事に終了しました。

IMG_0311.JPG



ヴァイオリン・チェロ・アコーディオンという編成からプログラム構成まで、多くの挑戦の詰まった公演でした。


IMG_0307.JPG


IMG_0309.JPG


IMG_0312.JPG




前2日のリハーサルには、このコンサートのために作曲を委嘱した東俊介さんが、東京から立ち会いに来てくれました。デカルコマニーという美術の技法を用いた楽曲、本番でも大好評でした。素晴らしかったです。

写真はリハ後のごはん。


IMG_0348.JPG



コンサート会場のアマックホールはアレクサンダーテクニークを学んだ学校と同じ建物内にあります。

ということで、控え室には教師養成トレーニングでもたいへんお世話になった骨格模型くん。


T0nKRJCUSUm2DAF26xrsZw.jpg





今回はたくさんの方に関わっていただいたので、書ききれないですが、

プログラムの中心を担った曲の編曲をしてくださった作曲家の北條美香代さん、池田真沙子さん

会場オーナーである恩師、当日の受付や進行を助けてくれた同僚と友人、



そしてお聴きくださった皆さまに、心から感謝いたします。


IMG_0354.jpg








さて、今回演奏した曲の中からメンデルスゾーン、チャイコフスキー、そして東作品は再演が決まっています。
6月23日の松原さんCD発売記念コンサートです。くわしくはこちら

ぜひ、お待ちしております!

今日のコンサートで

更新日:2018.05.11 [Fri] |

5月19・20日に、京都でピアノ・ヴァイオリン・ヴィオラのトリオでのコンサートがあります。

「おこしやすコンサート」、くわしくはこちら


それに先がけて、今日は会場のリマホール近くの高齢者福祉施設で演奏をさせていただきました。

IMG_0274.JPG

ピアノの下村実紗子さんは毎年こちらでの演奏を続けておられるのだそうです。

IMG_0279.JPG



コンサートの中で、お客さまである施設利用者の方たちと一緒に何曲か歌を歌ったのですが、終演後に聞いた話によると、ある失語症の方が、その時すべての歌詞をはっきりと口にされたのだそうです。


隣に座っていたという女性がおどろいて興奮しながら、音楽の素晴らしい力だとおっしゃっていました。



そんなことが自分たちの演奏で起きるなんて想像もしませんでした。きっと忘れられない出来事になります。


帰り際に、お客さまや施設スタッフの方が何度も何度もお礼を言ってくださったのですが、こちらの方こそ、感謝の言葉もありませんでした。





IMG_0266-1.jpg

施設のロビーに着物が飾ってありました。京都だなあ。手前はアザラシ型介護ロボット。

2017.12.04 [Mon.]

コンチェルト、終わりました!

更新日:2017.12.06 [Wed] | ,

大阪チェンバーオーケストラのチャペルコンサート「協奏曲の夕べ」無事に終了しました。


20171204-10.jpg



ヴィエニアフスキのヴァイオリン協奏曲2番を演奏しました。

本当にこの曲を弾くことができて良かったです。


この機会に恵まれたこと、共演者のみなさん、お世話になった方々、応援してくれた同僚や友人、家族

そして、聴きにきてくださったみなさまに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。


20171204-9.jpgのサムネイル画像



今回得たたくさんのことが次への糧になるように、またがんばっていこうと思います!

 

top