井上敦子 | ヴァイオリン奏者・アレクサンダーテクニーク教師

BLOG

ブログ

2018/12/08 [Sat.]

クリスマスコンサート

更新日:2018.12.02 [Sun] |

早いものでもう12月です。
今年もあと1ヶ月、大事に過ごそうと思うしだいです。

奈良県生駒郡の「ちいろば園」(社会福祉法人ちいろば会)でのクリスマスコンサートです。
河野まり子(チェンバロ)&アンサンブル・アルフィーネのメンバーで演奏します。


20181208.jpg



チケットのお申し込みは当ページからも承ります。
お問い合わせページの内容より「コンサートチケットのお問い合わせ・お申し込み」を選択のうえ、公演名・枚数をご明記ください。

みなさま、お待ちしています♪

2018.11.20 [Tue.]

チャペルコンサート vol.421 イタリアバロックの華麗な響き

更新日:2018.11.07 [Wed] |

関西室内楽協会チャペルコンサート vol.421
「イタリアバロックの華麗な響き」


IMG_9385.jpg



日時:2018年11月20日(火) 19:00開演 18:30開場
会場:大阪・天満教会
入場料:3,000円


詳細はこちら


昨年好評だったオール・ヴィヴァルディプログラムを今年もやります。
今年は2つのヴァイオリンのための協奏曲イ短調RV.522 op.3-8を、池上尚里さんと演奏します。(昨年は4つのヴァイオリンのための協奏曲を弾きました)
「調和の霊感」のタイトルでよく知られている名曲です。2つのヴァイオリンがエキサイティングに、ときに仲睦まじく掛け合う様子に、心が踊ります。
そのほかにも、有名どころから少し珍しい作品まで、存分にヴィヴァルディを堪能していただける一夜になりそうです!



チケットは関西室内楽教会ホームページ(前日までのインターネット予約で¥200割引になります)より、
または当ページのお問い合わせフォームからもお申込みいただけます。(お問い合わせ内容より「コンサートチケットのお問い合わせ・お申し込み」を選択のうえ、公演日と枚数をご明記ください)



みなさま、ぜひお待ちしております!

 

2018.11.03 [Sat]

ギターの発表会で

更新日:2018.11.03 [Sat] | ,

クラシックギタリスト・倉石アオミさんの門下生発表会で、アオミ先生と一緒に演奏させていただきました。


c0167359_15353169.jpeg


曲は

スペイン奇想曲(ムニエル)

タイスの瞑想曲(マスネ)

ムニエルのオリジナルはマンドリンとギター。タイスはピアノ伴奏版がよく知られていますが、ギター伴奏は響きがものすごく美しいのです。

じつは高校生くらいのころからクラシックギターを聴くのがずっと大好きで、アオミさんと初めて一緒に音を出したときには嬉しくて鳥肌が立ったのをよく覚えています。

c0167359_22241034.jpg


アオミさんはアレクサーテクニーク教師の同僚でもあります。
これまでも何度か共演していますが、一緒に弾いていると、"自分と相手の息を合わせる"とか、"やりたいことを提示し合う"とか、表面的な要素を感じません。かといって好き勝手に弾く、というのとも違うのです。

言葉にするのがちょっと難しいのですが、私はこうしたいと主張する!とか、旋律楽器だし自分の音楽を表現しなきゃな!という表面的な臨戦態勢のようなものが必要ないというか。それでいてそれぞれのアイデアはクリアになっているのがよくわかる、というか。


                                ****************


さてこの日、自分の出番は最後だったのでギターの生徒さんたちの演奏をたっぷり聴かせていただきました。とても楽しかった!
小・中学生の弾き語り、大人のアンサンブル、ソロと盛り沢山なプログラムでした。
先生のことを個人的に知っているというのもあると思いますが、お弟子さんたちとアオミ先生のいい関係、そしてギターを弾くのがほんとうに好きなんだろうなあというのが演奏に表れていて心を打たれました。

fullsizeoutput_c43.jpegのサムネイル画像

リハーサルの一場面です
大人のアンサンブルを食い入るように見つめていたちびっこギタリストは、子どもサイズのギターとピュアな歌声で弾き語りをしていました。聴いていてなんだか涙腺がゆるみました。


私たちの共演については、アオミさんのブログでも書いてくれています。
私としてはこれ以上ない褒め言葉です。


演奏者としても指導者としても気持ちの良い刺激をもらって、自分もまた成長していきたいです。

お疲れさまでした!ありがとうございました!

 

 

2018.11.09 [Fri.]

モーツァルト「荘厳ミサ」「クレド・ミサ」

更新日:2018.11.01 [Thu] |

大阪フロイデ合唱団 演奏会

IMG_0695.jpg


大阪チェンバーオーケストラが共演します。
詳細はこちら



2018.10.21 [Sun]

松原智美 アコーディオンコンサート(ゲスト出演)

更新日:2018.10.06 [Sat] |

アコーディオン奏者・松原智美さんのコンサートにゲストで出演させていただきます。

松原智美アコーディオンコンサート

fullsizeoutput_c2b.jpeg

日時:2018年10月21日(日)
   13:30開演 13:00開場
会場:大阪府立中之島図書館 本館2階 中央ホール


予約制となっております。
3階バルコニー席(限定20席) 4,000円
2階席(40席) 3,000円


お申込みは
大阪府立中之島図書館 指定管理者 株式会社アスウェル
TEL:06-6203-0474(図書館代表)
メール:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp


または、当ページお問い合わせフォームからも可能です。
(お問い合わせ内容より「コンサートチケットのお問い合わせ・お申込み」を選択のうえ、ご希望の席種・人数をご明記ください)



歴史的建築物としてもたいへん見ごたえのある会場でのアコーディオンの響きをぜひお楽しみください。

みなさま、お待ちしております!

2018.10.11 [Thu.]

チャペルコンサート vol.420「クラウディオ・クルス氏を迎えて」

更新日:2018.09.20 [Thu] |

関西室内楽協会チャペルコンサート vol.420

「クラウディオ・クルス氏を迎えて」

2018.10.jpg

日時:20181011() 19:00開演 18:30開場

会場:大阪・天満教会

入場料:3,000

詳細はこちら

ブラジルから、指揮者・ヴァイオリニストのC.クルス氏をお迎えしてのコンサートです。以前来日された際にもチャペルコンサートに登場くださいました。
ヴィラ・ロボスの「ブラジル風バッハ」、ブラジル人作曲家E.クリーガーの「弦楽のためのディヴェルティメント」などクルス氏のお家芸からモーツァルトのピアノオブリガート付きコンサートアリアや交響曲まで、多彩なプログラムです。

チケットは関西室内楽教会ホームページより、
または当ページのお問い合わせフォームからもお申込みいただけます。(お問い合わせ内容より「コンサートチケットのお問い合わせ・お申し込み」を選択のうえ、公演日と枚数をご明記ください)


みなさま、ぜひお待ちしております!

 

2018.09.29 [Sat.]

ワークショップ「こんにちは、アレクサンダーテクニークです」

更新日:2018.08.05 [Sun] |

アレクサンダーテクニークのワークショップ(体験講座)のお知らせです

「こんにちは、アレクサンダー・テクニークです」

・日時
2018年9月29日(土)
①14:30〜16:30 / ②17:00〜19:00

・会場
アローミュージックスクール  スタジオ
〒661-0033 兵庫県尼崎市南武庫之荘1-3-1 ドルチェ武庫之荘2F

(阪急神戸線・武庫之荘駅より徒歩2分)地図はこちら


fullsizeoutput_bfe.jpeg


・日々の動き
・自分の身体のこと
・楽器の演奏やパフォーマンス
・対人における自分のありかた       など、


すべてのベースになるのは【意識(思考)と身体】がひとつになった【自分】です。

ワークショップの前半では、アレクサンダーテクニークって何?というイントロダクション講座、

後半は、「ワーク」と呼ばれる実際の取り組みをします。


はじめての方、本などですこし知っている方

ちょっとかじったことがあるけどそのままになっちゃっている、とか、レッスンに行きたいけど二の足を踏んでます、という方も歓迎です。

お問合せ・お申込は、当ページお問合せフォームから「アレクサンダー・テクニークについて」のタブを選択のうえ、ご記入ください。
お申込の際は、人数とご希望時間(①14:30〜16:30 / ②17:00〜19:00)をご明記ください。


アレクサンダーテクニークを通して、みなさんが自分をどう捉え・どう使うか、を見つけていくきっかけになればと思います。

ご参加、お待ちしています!

2018.09.19 [Wed.]

チャペルコンサートvol.419「室内楽エトセトラ」

更新日:2018.08.04 [Sat] |

関西室内楽協会チャペルコンサートvol.419
「室内楽エトセトラ」〜バロックから新作まで〜

2018.9.19.jpg


時代も編成も様々なコンサートです。

私はクープラン作曲「リュリ讃」を演奏します。
バロック時代のフランスの作曲家クープランによる、同じくフランスバロック期の作曲家リュリへのオマージュ作品です。神に召され、ギリシャ神話の楽園に招かれたリュリ、というストーリーに付随した音楽です。コレッリも登場します。

リュリやコレッリは子供のころに勉強したヴァイオリン教本の中に何曲か出てきたこともあって親近感がありますが、クープランを弾くのは初めてです。フランスのバロック独特の優雅さにおっかなびっくりしながら取り組んでいます(笑)
練習を始めてここまでで個人的に面白いと思うのは、バロック音楽だからと言ってバロック奏法をそのまま真似てもなんだかイマイチ...なのです。自分が演奏するモダン楽器と現代奏法の良さもいかに活かすか、そして最終的には時代や楽器を超えた普遍的な要素を表現できるか...という挑戦だなと感じています。


チケットは、関西室内楽協会ホームページの予約ページで受け付けています。(ウェブサイト割引があります)
または当ページお問合せフォームからもお申し込みいただけます。タブで「コンサートお問合せ・お申し込み」を選択のうえ、公演日・枚数をご明記ください。



みなさまお待ちしております!

2018.09.29 [Sat.]

ワークショップをします!

更新日:2018.07.05 [Thu] |

9月29日(土)に、アレクサンダーテクニークのワークショップを開催することになりました。

(追記:詳細が決定いたしました。くわしくはこちらをご覧ください)


4月に弦楽器奏者に特化した講座をやりましたが(そのときの記事→
今回は、イントロダクション(導入)と、実践として「ワーク」という取り組みを体験してもらう内容です。


おもにはじめての方や、本などでは少し読んだことがある方、
あと、ちょっとかじったことがあるけどそのままになっちゃってます、とか、興味はあるんだけれどレッスンを受けに行くには二の足を踏んでます... というみなさんにとっても、一歩踏み出す機会になればと考えています。



会場は尼崎市武庫之荘のアローミュージックスクール。2回開催(昼の部・夕方の部)の予定です。

こちらのスクールには、アレクサンダーの個人レッスンが受けられるクラスもあります。



詳細はまた、追ってお知らせいたします!

fullsizeoutput_bab.jpegのサムネイル画像

特別授業が決まりました

更新日:2018.06.13 [Wed] |

兵庫県立西宮高校音楽科での、アレクサンダーテクニーク特別授業が決定したとの通知が届きました。

9月と10月に3日間・計6時間です。昨年に続き、アシスタントとして出講します。



自分が在学中、アレクサンダーテクニークに出会ったこともあり、音楽科高校生にこのような機会があることはとても素晴らしいと感じます。

当時はもちろん学校での授業はなく、私はクラスメイトから個人的に情報を得て先生にたどり着きました。



在校生のみなさん、いまはこんなチャンスがあっていいなぁ。ラッキーなことなんだぞー!

...なんて言いたくなるのはおばちゃん根性かな(笑)
(わたしがアレクサンダーテクニークを知った頃の




なんにせよ、とても楽しみです。

生徒さんにとっていい出会いになるように願って、がんばります!






 

<< 前の10件 1  2  3  4  5  6
top